PMCとは?

PMCは本学学生だけでなく一般の方もご利用いただけるポピュラー・ミュージックの総合ライブラリーです。

The comprehensive library of popular music

レコードの画像
レコードジャケットの画像

 PMC(ポピュラー・ミュージック・コレクション)は、金沢工業大学ライブラリーセンター3Fにあります。プロデューサー立川直樹氏からの17,000点のレコードご寄贈により1992年(平成4年)にスタートしました。本学は、アナログ・レコード・ジャケットの芸術性に着目し、この素晴らしいジャケット・アートの数々が、もの作りをする本学学生の感性を啓蒙してくれるのではないか、そして、技術と文化の関係を問い続ける契機にしていきたいと考え、PMCを設立しました。


 ロック、ポップス、ジャズなどあらゆるジャンルのアナログ・レコードを 中心に所蔵しており、そのすべてが全国の方々からのご寄贈によるものです。レコード等を鑑賞していただくには、ボディ・ソニック(体感音響装置)を設置しており、ご自分のレコードやCD、ipodなどのポータブル・オーディオ・プレイヤーを持ち込んで鑑賞することもできます。


 PMC所蔵コレクションは、検索システムLINKITⅡによって、アーティスト名や曲名、アルバム名など様々なキーワードで検索することができます。 この検索システムはインターネットで公開しております。 PMCは、本学学生にとってのリラックスゾーンであるとともに、一般の方もご利用いただける施設です。 一般の方のご利用は、 ライブラリーセンター1Fインフォメーションまでお申し出下さい。

 館外への貸出、録音等のサービスは行っておりません。館内のみの試聴となりますのでご了承下さい。


PMCのコレクション

Media媒体

LP、EP、SP、CD、SCD、ソノシート、「Rolling Stone」誌、「ミュージック・ライフ」誌、チャート誌などの雑誌、書籍


メディアの画像
書籍の画像

ジャンル

Rockロック、 Popsポップス、 Jazzジャズ、 Easy Listeningイージー・リスニング、 Sound Trackサウンド・トラック、 J-pop Jポップ、 Classicクラシック、 Home Musicホーム・ミュージック、民族音楽 etc...


ジャンル内訳

ジャンル別所蔵件数の画像


福田一郎コレクション

福田一郎氏は、洋楽評論と文化人のテレビ出演の草分け的存在で、ポピュラー音楽を分かりやすく紹介し、広く深く日本に定着させた人物です。 生前、毎年のようにPMCを訪問され、多数の貴重なレコードや書籍などをご寄贈頂き、PMCの活動にご支援をいただいて参りました。 福田氏が生涯をかけて収集したレコードやCD、コンサート・プログラム、雑誌・書籍などの膨大で貴重な音楽遺産は、2006年に金沢工業大学PMCへ一括寄贈されました。


福田 一郎(ふくだ いちろう)1925年2月16日-2003年9月4日

東京都江東区深川生まれ、横浜育ち

日本大学工学部機械工学科卒業



福田一郎 在日米軍調達本部に勤務中、モダン・ジャズと深く関わるようになり、評論・DJを始める。 文筆をもってジャズ、ロック、ポップスの批評・紹介にその全力を傾注、半世紀に及ぶ懸命な啓蒙活動によって、 日本の大衆音楽の中に洋楽の基盤を定着させることに大きな功績を残す。さらに、海外のミュージック・ビジネスの 現状についての紹介・解説にも力を注ぎ、レコード産業界の発展に多大な役割を果たした。 日本レコード大賞、有線大賞、銀座音楽祭などの審査員を務める。肝不全のため死去。享年78歳
福田一郎コレクション

PMC沿革

1992 4 開設 (旧21号館3階)。プロデューサー立川直樹氏からの17,000点のレコード寄贈によりスタート。
8 予想を超える寄贈が相次ぎ、現在の場所であるライブラリーセンター(6号館3階)へ移設。
1993 5 寄贈者数が300人を超える。
1996 8 初の『ジャケット・アート展』開催。横浜ランドマークホールにて約8,000点を展示。大好評を博す。
2000 3 寄贈者数500人、所蔵総数10万枚を突破する。
2003 4 PMCよりジャケット3,000枚を協力した『大ロック展』KPOキリンプラザ大阪にて開催。『ロック・ジャケット展』としてキリンビアパーク北陸工場、キリンビアパーク取手工場にて巡回展開催。
2004 4 本学提供『KIT Dream Discovery』※PMCスタジオにて第1回収録(5月9日放送開始)。ゲストcoba氏。FM石川他全国6局ネット。
12 東京FM『松任谷由実NESCAFE For Your Departure』PMCスタジオより生放送。
2005 10 石川テレビ『N-18 Special in 工大祭』、金沢工業大学ライブラリーセンター2階AV室で公開収録。ゲスト及川光博氏。
2006 9 故福田一郎氏音楽遺産および全著作権が金沢工業大学へ寄贈・移管される。
2007 4 PMCよりレコード・ジャケット2,200点を協力した『ミュージック・グラフティ展』、表参道ヒルズ多目的スペースO(オー)にて開催。1週間の開催期間で来場者4万名を記録。
2008 2 PMCジャケット・アート展『1,000 GUITARS』金沢工業大学ライブラリーセンター1F展示室にて開催。
11 野々市市『Big Apple in NONOICHI』、野々市市文化会館フォルテ・エントランスホールにてジャズ・レコード・ジャケット480枚を展示協力(以降、毎年協力)。
2009 1 PMC ジャケット・アート展『Ride On!
2010 5 寄贈者数1,000名を超える。
11 故福田一郎氏が生涯をかけて収集した膨大な音楽資料をもとにした『福田一郎コレクション展~FUKUDA HOUSE』金沢工業大学ライブラリーセンター1F展示室にて開催。
2011 7 PMCジャケット・アート展『FESTIVAL & CONCERT
2012 4 開設20周年を迎える。
7 PMCジャケット・アート展『The Rise & Glory of British Rock
2014 7 PMCジャケット・アート展『History of Pop & Records
10 PMCジャケット・アート展 in 工大祭『Jacket Art Legends
2015 10 PMCジャケット・アート展 in 工大祭『We are Crazy for Rock'n Roll ~ ロックに夢中!』
2016 5 PMCジャケット・アート展 in 工大祭『1000 GUITARS 2016』
2017 6 金沢工業大学主催『世界を変えたレコード展~レコードコレクションからたどるポピュラーミュージックの歴史』グランフロント大阪北館ナレッジキャピタルイベントラボにて開催。6万人を超える来場者を記録。
8 寄贈者数が2,000人を超える。
10 PMCジャケット・アート展 in 工大祭「スタア☆」金沢工業大学23号館コミュニケーションスタジオにて開催

寄贈者数2,036名、所蔵枚数244,852枚。(2018年3月31日集計)


※ KIT Dream Discovery

本学提供ラジオ番組、FM石川他全国6局ネット、ゲスト一覧(敬称略)

第1回 coba
第2回 佐野元春
第3回 松任谷由実
第4回 平原綾香
第5回 かまやつひろし
第6回 UA
第7回 佐藤竹善(Sing Like Talking)
第8回 溝口肇
第9回 中村正人(DREAMS COME TRUE)
第10回 森 雪之丞
第11回 SAKURA
第12回 CHAGE
第13回 松本素生(Going Underground)
第14回 Ego-Wrappin’
第15回 GONTITI

ラジオ番組の制作

PMCの所蔵を生かしたラジオ番組を制作しています。えふえむ・エヌ・ワンHP

KIT PMCレコード・ボックス


月~金曜 5:00~6:00


(再放送)月~金曜 15:00~16:00、27:00~28:00

えふえむ・エヌ・ワン週間番組表

TOP